FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグリバー、木曽川。

 初めて木曽川を下ってきました。
道路地図にも載る日本ラインの木曽川です。日本ラインというくらいだから、豪華客船でも走りたくっているのかと思いましたが、保津川の遊船を倍にして動力を付けたくらいの素朴な遊船でした。ただ、船にスピーカーがついててアナウンスしてたり、船にクラクションがついてたり。
 中部遠征時にいつもお世話になるM氏夫妻と友人の方、のどごし君と下ります。コースは木曽川定番、大涛の瀬上流から桃太郎公園まで。ゴールの桃太郎公園、そばに桃太郎神社という神社があるのですが・・・パラダイス的要素の強い凄い神社です。木曽川へ行かれた際はぜひお立ち寄りを・・・。

CA340026.jpg   CA340031.jpg

 桃太郎神社に川下りの安全を祈願したからか、木曽川を下りだしてすぐに桃が三個もドンブラコドンブラコと・・・リバーブギで下るギャル達のオシリでした(笑)
 そして遊船やリバーブギ軍団がいる、という事はこの川は浅くない!といった事実の証明であります。岩に頭や身体を打つことがなさそうでほっと安心。
 安心したのも束の間、大濤の瀬が迫ります。通常水位の近畿圏では体験できないウェーブがどっかんどっかん。瀬の大きさにアヒャアヒャ言って喜んでると、瀬の中腹右手にいきなりある隠れ岩がめっちゃ険悪です。上流から見ると水被ってるくせに、下流にながくて後ろ半分は岩むき出し。乗り上げると傷だらけになりながら右か左にごろごろと転げ落ちそう。

 川幅が大きい木曽川は、瀬と緩い流れの瀞場を繰り返し。そして瀬は圧倒的な水量で、スタンディングウェーブが無数です。でもホールや隠れ岩はあんまりないので気兼ねなく下れます。水質ものどごし君によると由良川の下流とかわらないと言います。途中妙な白いアワアワゾーンがあって薬品臭がしてましたが、そこ以外は僕も気にならなかった。近畿で言うと、木津川と同程度か少しいいくらいでした。

CA340034.jpg   CA340033.jpg

 可児の瀬ウェーブ(リエントリー不可)をとり逃し、三点セットの瀬でしばし遊びます。
 小さめながら楽しめるウェーブです。左岸ぎりぎりに発生していて右のパドルを入れる余裕が無いので、エントリーにちょっとコツがいりました。 

CA340040.jpg   CA340041.jpg

 道中つよいにわか雨にあったり、巻き巻きホールに巻かれて遊んだりしながら下り、二時間くらいで本日のメインスポット、富士が瀬の0.5番ウェーブ。長いグリーンとしっかりあるウォッシュ、とてもいいスポットだろうと一目でわかりますね。
 上手い人たちがガンガンやってます。クリーンスピン、ブラント、バックスタブ、エアループまで残す!

CA340043.jpg   CA340046.jpg

 目の前で繰り出されるプレイに見てるだけでも十分テンションがあがりますが、同時に何にも出来ないヤツが割り込んでいいのだろうかと萎縮もしてしまいますね。
 でもフレンドリーな某ライダーの方に話しかけていただいたりして、存分に遊んでまいりました。僕が経験した数少ないウェーブの中では相当いいウェーブ。グリーンが長いしでこぼこしてないから、ベタァ~っとフロントサーフィンが出来ます。心にも余裕が生まれます。それでも右スピンが三回残っただけでしたが・・・。

eaa1.jpg   b1fd.jpg

 瀞場でひたすら静水練習、0.5番ではっちゃけ。おかげで右肩を完全に痛めました。帰りの車で右手は使えず、とくにバックするとき困りましたわ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

mellow

Author:mellow

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。