FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムササビ定点観測。

 
 盆の客ラッシュも明けた土曜日、一人北山へ行ってきました。ナラヨシも相変わらずの渇水、誰かいて回送してくれないかなーとかちょっと下心をもってたんですが、見事に寝坊して大幅に到着が遅れてしまいました。
 観光筏のお客さんでにぎわう音乗はスルーしてうだる暑さと自らの寝坊にまけ、ムササビ~小松のコース取りでスタートする事にしました。
 
 小松の駐車場への道をさらに奥へ、入川道を探しながら車を進めます。どうやらムササビはここらかなと言うところもありましたが、どうせならと行き止まりまで。ムササビホールの上流の瀞場までは行ける模様。

P8180001.jpg   P8180003.jpg

 行き止まりでカヤックを下ろし、小松駐車場から歩いて回送。でもサンダルのサイズが大きく、両足はすぐ靴擦れして皮がむけた(-.-;)
 両足をヒリヒリさせながら入川道へ。獣道をかき分け川へ向かいましたが…途中の砂地の道の崖で滑落身長分は落ちて足を痛めたけど、生い茂った熊笹の上で助かりました。
 ただ、どうやって上がろうか…川に浸かりながら見上げるも、砂の崖は崩れて登れない。パドルは持ってたもののカヤックは崖の上…少しシンキングタイム。
 目の前をラフトが流れて行きます。ニコニコしたお客さんに手を振られる。切り立った川に足をつけてパドルを持ったまま突っ立った男に対して手を振るおっちゃん。
 勝手言って誠に申し訳ありませんが、おっちゃんムカつく(-_-#)おっちゃんもラフト初体験やろうけど、僕も滑落初体験やねん(笑)

 崖伝いに川を遡り、やっと乗艇に漕ぎ着けた頃にはもう帰ろうかと弱気に。

P8180005.jpg   P8180007.jpg
 一週間ぶりのムササビホールは、ちょっとだけ良くなっていました。全くのグリーンフェイスだった手前側にも、薄いウォッシュが。実際フルパドリングも不要で、エントリーと共に前傾してやると落ちなくなりました。まだまだサイドにはなれないけど、フロントサーフィンに限っては簡単かつやり放題。
 川中央の巻きも徐々に復活のきらい。でも、川底の岩がある場所がちょうどプレイゾーンになり、バウを刺すと当たります。
 スゥィートスポットが小さくなった感じですが、フロントサーフィンでも楽しい僕くらいには、優しいホールになってます。スピン、バックサーフィンをひたすら。




 四時間ほどムササビに張り付き堪能したんですが…この日はパドラーが激少な。あったパドラーは8人だけの、少し寂しいムササビでした。


コメント

非公開コメント

プロフィール

mellow

Author:mellow

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。