FC2ブログ

ダブル北山川その1。

 
 今年に入って三回目の北山川です。
前回、前々回と楽しく漕げた北山川なので、きっと行ったことない人でも楽しんでいただけると確信を持ち、普段は北近畿中心で漕がれている福知山カヌークラブ(FCC)の方をお誘いしてみました。

 北山はいつもの観光筏のダム放水。天気は晴れてとても気分がよい。朝五時半起きも苦になりません。メンバーはH氏、平友会会長こと骨董屋君、たかじぃさんをはじめFCCの方々が遠路はるばる来られて6人で小松までのショートコースをリバーランです。

P6300076.jpg   P6300079.jpg

 スタートしてすぐの音乗の瀬。三回目になるんですが緊張の一瞬です。いざ瀬に突入、僕の前回の記憶では雨水が流れ込んでいたのでかなり激しい瀬だったイメージですが、今回は日照り続きで放水量を少し絞っているのか少々穏かな感じでした。僕以外の方々は北山川はほぼ初めてなので、一段ずつエディをとりながら下りますが、さすがにみんな手馴れたもので笑顔で下ってきはります。

 三段を終えて音乗ウェーブで遊ぶ。
FCCの方々はホームゲレンデの一つに保津川の沈下橋や金岐ウェーブ、由良川の立岩などがあるのでプレイはお手の物なようです。僕は三度目にしてやっとウェーブに乗れた感がありましたが。

P6300084.jpg   P6300085.jpg

 曲がった瀬を越えてナイアガラ(上滝)。
僕は前回の音乗とここで右側にばかり沈をしたので、今回は乗艇姿勢を事前に確認。右肩が下がる癖を直してからスタートし、無事に降下。
 杓子の瀬を越えてムササビ。
北山川のショートコース、こうして書き上げてみると短いですね。もちろん瀬の間をつなぐ瀞場でも静水練習をやりながら下るので、かなり体力や筋力は衰えてきたところでムササビホールを迎えるんですけど。
 近畿パドラーが各地から集合するのも良く判ります。ウェーブの音乗、ホールのムササビ。静水の瀞場まで豊富。フリースタイラーの欲求を5キロ程度に濃縮された、パドリングアミューズメントな川です。

 






 今日のムササビはマイルドな感じで、左右スピンも可能です。中央部から右岸側のキーパー部分にも岩が入ったようで、巻きは弱くなり上下に暴れる感じでした。結局右スピンができるもんだから、そればっかり・・・美山で修行した左スピンは出来ずに終わりました。上手くなりたいんだか、楽をしたいんだか。。。
 ここでkome氏登場。朝からムササビホールを占拠していた模様です。先発で下っていたトモさんたちとも合流し、ガヤガヤと遊びきって後にしました。

P6300094.jpg   P6300095.jpg

 最後の最後、小松ウェーブ。上流から流れて入るしか手のないウェーブですが、ウォッシュからの落差は北山一、音乗ウェーブに慣れた目でも高さに一瞬驚きます。H氏はすぐ落ちてしまった悔しさから担ぎ上げてまでエントリー。堪能できたかしら?

 小松で上がって終了。FCCの方々にも楽しんでもらえたようでよかったです。
 トモさんにキャンプして行こうとお誘いいただきましたが、僕は一度家に帰りました。しかし彼らがキャンプをすることにより、思わぬ人が明日も現れるのでした。。。

コメント

非公開コメント

プロフィール

mellow

Author:mellow

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター