FC2ブログ

リハビリナラヨシ。

 5月中旬に手を負傷したH氏の傷が塞がってきたので、久しぶりのナラヨシへ。天気はどんより曇り空、五条の水位は0.91メートル。

 もう近畿圏の川は鮎釣りが始まりだしていて、今日のナラヨシもちらほらと鮎釣師の姿が見られた。水質は僕が体験した今年一番くらいの濁りが入っていたのですが、鮎釣りの人にも休みが日曜しかないし早く帰らないとカァチャン怒るし、仕方ないからナラヨシ行くか・・・って方がおられるようです。

P6030035.jpg   P6030037.jpg

 コースは芝崎~モンベル五条。
天理教前のチビホール、去年の五条水位0.9メートルくらいならしっかりと艇が捕捉されてサイドサーフィンくらい出来たんですが、数値の変化があった今年の0.91メートルではバックウォッシュもほとんどなくてガッチリ感に欠ける状態でした。
 ほどなくして、H氏が指を強打し大量出血させた水路の瀬にさしかかります。さすがに今日の低水位、以前僕の新品ヘルメットに深く傷を刻み、GAKI氏に脳震盪をおこさせた悪魔の岩は、その姿が水中に見て取れます。落ち込みのすぐ脇の嫌な場所にあります。



P6030040.jpg   P6030042.jpg

 水路の瀬を過ぎて瀞場を漕ぎ下る。
今日は漕ぐたびに水面に気泡が立って、僕等2艇の漕いだ跡がずっと残るほどの水質の悪さ。まるでカタツムリやナメクジが通った跡のようにふらふらした気泡のラインを引きつつタンタンと下ります。
 大正橋下で小休止、浅くてスピンもやりにくい。しばらくちょろちょろと遊んで下る。



 ポケロケを岩ヒットさせながらアヒルの瀬を下り、ゴール。
手に痛みを感じながらのH氏も無事に漕ぎきり、ほんとにな~んにもないナラヨシでした・・・が、着替えてる時に事件発生。クロックスなどのサンダルとパチもんを並べて遊んでいた時でした。
 僕がドライを脱ごうと襟に手をかけたとき、パチンと小気味良い音がして首の圧迫感が一気に開放される。あぁ・・・首のラテックスが一気に裂けてしまってます。ちょうど半年仕様なのに、はじけ飛ぶには早すぎ(涙)
 爪を引っ掛けたわけでもないのに、いく時はあっけないもんです。毎回ではないものの、シールセーバーなどは塗っていたのですが、バッグに入れて車の中に何日か置いてたりしたから、ここんとこの車中高温で
劣化していたのだろうか。修理の事を考えながら帰宅。

P6030045.jpg   P6030046.jpg

コメント

非公開コメント

プロフィール

mellow

Author:mellow

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター