FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍神ロング。

 この土日の雨にやられてちょっとお疲れ気味の月曜日。でも朝から一路和歌山へ向かう。今日はかど氏に誘われ、K先生率いる方々5名と龍神村の日高川上流部を下りました。
 気温は随分春らしく、ドライの下も徐々に薄着にしていく。でも気が付けばいつも一番厚着なのは僕。最近はずっとロングジョンです。特に今日は僕は初めての川、しかも増水がないと下れないコースなので、かなり緊張しているのがウェアリングにも現れる。もしもの水泳に備えての厚着ついでにロープやカウテールも出動させる。

 実は以前に和歌山で仕事をしていた時、この部分は道路からたまに眺めていた。和歌山市から新宮や南紀へ抜けるのに通り、雨の日に増水した川を見てこんな恐ろしげな川は下れないんだろうなぁと考えていました。その頃は数回ダウンリバー艇に乗った程度でしたが・・・まさかそんな区間をよりによってポケロケで下るとは。。。
 幸いにも今日の日高川は大雨がすぎて笹にごり、椿山ダムの流入水量も90~80程度と、へたな僕達を迎えるように一番下りやすい水量でよかったですわ。

P3260766.jpg   P3260764.jpg

 とりあえずザラ瀬も大きな瀬も流速が速く、身の丈ほどもあるウェーブが連発し、タンタンタンとこ気味よく乗り越えてるといきなりゴンって岩に乗り上げて焦ったりしながら下ります。とてもゆりの瀬があるような区間と同じ川とは思えないですが、やたらボイルがあったり笹濁りの水だったり、ダーと流れる感じがして、日高川っぽさは時折感じます。
 のべ10キロ程度は下ったと思われるけど、瀞場で漕がなければ進まないような部分は全くなし。Kさんによれば「落ち込みらしい落ち込みはほとんどないし、岩もないですよ。」と聞かされていた通りでした。そうは言うけどトップパドラーの言葉と、ロールするにもセットしてそれから・・・などともたもたやって挙句に失敗する僕と、同じレベルで物を考えていたら痛い目見そうだなぁと終始気を張って下りました。

 でもKさんの言われたことはホントにそのまま、険悪なものはないままでゴール。心配されたチビ艇、ポケロケでも十分に下れました。艇の大きさは落ち込みに弱いものの、盛り上がる滑らかなウェーブの連続にはそこそこいけるようですね。一回だけウェーブ越えたすぐあとにホールがありバウが正面から潜って停止、ひやりとしましたが、それも身体をネジったら無事に脱出できました。

P3260772.jpg   P3260775.jpg

  追記として、先を知らないという不安感を久しぶりに堪能しました。いつもナラヨシでしか漕いでいないので、練習したかったウェーブホイールやキックフリップ(いずれも出来ないんですが)も、目の前のウェーブを越えたら岩とかあるかもしれないと弱気の虫がささやきまくります。それに負けて存分な動きは何一つできませんでした。もう、下るのでいっぱいいっぱいな感じで。。。あかんたれです。Kさんはじめ、皆さんはリバーランニング。僕はハイウォーターは初めてなので、極度の緊張で遊ぶドコロではなかったというのが本音です。

 収穫はKさんのスピン、ブラント、バックスタブ・・・そして憧れの空中を舞うキックフリップが見れたこと。やっぱりかっこえー!出来るようになりたいと素直にカンゲキです。あ、でも小さなウェーブしかたたないナラヨシで練習できへんしなぁ・・・。

 

コメント

非公開コメント

プロフィール

mellow

Author:mellow

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。