FC2ブログ

Smooth criminal

 だんだん気温が高くなってきているものの、なんだか僕が漕ぐ日は天気が曇るようで…今日も後半は寒さがモチベーションを下げまくりました。五条水位は0,96メートル。

 前回発症の静水おもろないねん病により、僕はリバーランニングを提案。漕げないのに遠路はるばるお古艇の引き渡しにやってきてくれた骨氏に回送をしてもらい、感謝しつつ水面へ。

 スポットでひたすら反復練習をして、ついに何かが出来たりする達成感も捨てがたいですが、やはり川下りというのは見慣れた風景でも心地いいものです。腰が痛いのについカートを練習してしまうかど氏と二人旅。

P3030678.jpg   P3030683.jpg

 浅い第一~第二と岩をガコンと擦りながら下る。カヤックがもっと丈夫な素材で出来てたらなあと思う瞬間。わざと岩にケツだけ当てたりして下る、ジブスタイルが確立されるかもしれないし。

 ヤナ下もただの落ち込み。左カート練習場として有名なここ、僕等は二人とも左カートが苦手…ていうかバウも刺せない。でも今日はループの練習をして遊ぶ。右手の岩が強烈に怖いんですが、流れは艇を左へ向けるので当たりにくいとふんで。全然ループまで出来てない「ル沈」を繰り返すだけだけれど、なかなか面白いです。



 前半のル沈に調子にのって、かど氏に静水カートのコツなど教わりながらバシャバシャ下ります。でもそんな楽しい一時に、静かなる犯罪者(Smooth criminal)が忍び寄る事など露にも思ってませんでした…。


 僕はカート二回転目に沈。冷たい水温に顔を強ばらせてえいやとロール…その時

ガイーン!

頭に衝撃がはしり、水面まですんでのところで再び深く返される。何か硬く重いものが頭に当たった。でもここは確か川の中央で、アンダーカットなど無かったはずだ…再びセット、ロール!

ガイーン!!

二度の衝撃と酸欠で薄れ行く意識の中、水面にチラリと見えた青いモノは・・・紛れもなく、相棒かど氏ののるキングピン・・・何故だ!かど氏!まさか、僕を沈脱世界に誘っているのか?僕のロールする頭上線上に艇をおいて何を企むのだ・・・!!

「ララァ、私を(水面に)導いてくれ!」
三度目のロールでやっと酸素を噛締める。そして振り向くとそこには・・・僕の耳栓を手にしたかど氏の姿が。

 あ・・・拾ってくれてたんですなぁ・・・カートの勢いで落とした耳栓を拾おうと、近寄り片手を伸ばしたところへ沈していた僕が水中からガツガツと頭突き連発。片手のかど氏は慌ててバランスをとり、水中の僕は慌てて上がろうとする。僕のロールパワーがもっと強力だったなら、片手のかど氏は沈してロール出来たであろうか・・・?

 そうしてスムースクリミナル問題勃発、果たして犯罪者はどっちだ?(笑)

 気を取り直し芝崎最後のウェーブでウェーブホイールに挑戦。一瞬艇が空中を舞う。そしてその下には・・・しっかり岩がありゴガン!!とまたまた激突音を聞くハメに。
 両足親指にダメージを追い、背中を丸めて早々に退散。

 

コメント

非公開コメント

プロフィール

mellow

Author:mellow

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター