FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずぶ濡れ野郎ども。

 秋なのに飽きもせずナラヨシでございます。
今日も晴れわたる奈良吉野、気温は23度くらい、五条水位は0.93メートル。
最近徐々に朝晩が冷えてきていざ出発と言う時には「今日は寒いんかなぁ」なんて考えてしまう。そして漕ぎ出すような時間に晴れていたら「ドライジャケットあっついわ!」なんて声がちらほらのウェアリングに迷ってしまう晩秋です。

 今日はH氏、かど氏、信楽っ子ことT氏の4名。春からボーリング場~天理教前のコースは散々下ってきたので、久しぶりに下半分のコース、大正橋プチウェーブ狙いで栄山寺集合だ。着替えていると一組のパドラーに「重装備ですねー、暑いんじゃないですか」と声を掛けられるも、静水練習に燃える三人組はドライを着ていても全身ずぶ濡れとなりじっとしてると肌寒いのでこれでいいのだ。

PB040477.jpg    PB040478.jpg

 芝崎から出艇。その時事件が。
スプレーを車の中に忘れてしまったT氏。下流に置いた車に取りに行ったと思ったら、車の鍵を艇と共にスタート地点に置いたまま。また上がり、また下り・・・誰しも似たようなことをやっている経験はあるだろうと思う(僕だけ?)、お疲れ様。
 雨が久しく降っていないナラヨシ、水は透き通り2mくらいの水深なら川底の石模様が見える。静水練習モチベーションには水質というのも少なからず影響するので、それ狙いなら今日はベストコンディションかもしれない。
 H氏とかど氏はひたすら静水カート大会を開始する。H氏は今にも完成しそうな勢いで、かど氏も後を追う。僕は相変わらずバウの刺さりが悪く、勢いつけて水中に頭から突っ込む「マッハ沈」ばかりを繰り返してしまう。はぁ、根本的な動きが間違っているのかもしれない。

PB040479.jpg    PB040485.jpg

 減水でホールドの弱い天理教前プチホールをさらっと越え、瀞場が続く限りの静水練習を繰り返す。一向に刺さらないポンプからカートに愛想をつかし、僕は今日はもうカートを捨てバウステ練習に切り替えた。我ながら飽きっぽいなぁ。
 フォワードから前荷重でバウを沈める。考えればこれも前々からやっていても曲がってしまったりしてうまく出来なかったけれど、今日はぱっとやってみて真直ぐ沈める事が出来た。そうそう、これこれ。何か出来たっていう実感が湧かないと続かないのだ!

 気をよくした僕は、カートが回りだす二人を横目でチラ見して羨ましく思いつつもひたすらバウステ練習に勤しんだ。竹やぶの瀬でプチウェーブ。僕はここでもフロントサーフィンが出来ずに苦労した。基本中の基本なのに、どうにも苦手なんですの。
 
 大正橋。
アヒルウェーブも不発のこの水位、下半分で乗れるところといえばここが最後になる。小さく乗りやすいながらも落とされやすいプチウェーブで散々遊ぶ。また課題発見。僕だけ異様にスピンが遅いのだ。力が弱いから?重心が艇中央から離れているから?まさかスポットはだらだらした性格をも反映するのか?などと考えてみたけれど進歩なし。今後はちょっと早く、色々な周りかたに挑戦してみよう。稀代の頑張り屋、T氏も大正橋でサーフィンの練習。一言アドバイスしただけで乗れるようになってきた。今のグラグラフィッティングを改善すれば、もっと乗れるようになるはず。
 アヒルはやはりスルー。担ぎ上げてウェーブインしても一瞬でボトムが岩にあたって弾かれた。
  

 あとは栄山寺までの瀞場パレード。ひたすらバウステ完成の一念に。練習を始めてから0.001秒づつステーション時間が延びる気がする。ちょっとづつだがこれは嬉しい。だんだん寒くなってきたけれど・・・頑張ってみます。
 T氏だけウェットだったがこれで正解。瀞場が多い分、ひたすら静水練習に勤しんだ3人が3人ともドライジャケットを着ていたのにずぶ濡れ。特に僕の柔軟剤仕上げ事件のドライジャケットはパドジャケといい勝負の浸水だった。柔軟材の仕業か、乾燥機の仕業か。首や手首のゴムも緩くなった気がするのです。冬・・・どないしょ。



コメント

非公開コメント

プロフィール

mellow

Author:mellow

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。