FC2ブログ

ムササビマニア。

 
 いつぶりかの北山、たぶん一ヶ月以上はあいている。

 昨年の大水からの復旧の末、流量確保のために曲げて設置された蛇籠。ムササビホールの幅も今年は4メートルくらいか。

 それにもまして今日驚いたのは、着くなり車の窓にもうアタックしてきたアブたち。親指くらいあるサイズのアブが何匹も車にカツカツと音を立て当ってくる。人間っつー動きの鈍い獲物がやってきたから一斉に向かってきたんだろう。まったく学はないけど、大水でヤゴがながれてトンボがいなくなり、アブが減らないまま大きくなったんだと予想。例年アブもいるけどここまで囲まれた覚えはない。七月は長年北山に通って以来初めて、サルの群れが集落までおりてきて鉢合わせすることもあったし、洪水の後は生態系も変わってしまうんだろうな。

Snapshot(0).jpg Snapshot.jpg

 そういや今日は木曜日。ムササビホールも水が少ないはずだったけど、一番深いところはさほどバウ先が当ることもなく済んだ。下流もハードアタックはなし、岩にかすることは三回程度あったから、恐怖心を持ちながらやらなきゃいけないけれど。
Snapshot(1).jpg Snapshot(2).jpg

 まあ何より、着替えてても休憩してても漕いでても、ひたすら大アブのアタックがひどい。川の上の道では緑のヤツが、川に下りれば茶色のヤツが。三匹程度は退治するも倍以上は刺され、ゆっくり休憩することもできない。まあ幸いにして腫れることもない程度ですんだのでよかったです。


スポンサーサイト



回帰期間中2。

 
 ゲリラ豪雨が過ぎたと思えばひたすら雨の降らない日が続き、近畿はどこもベタ水位。

 奈良吉野の今日は下半分コースを眺めながら下る。この夏の増水のたびにやっぱ少々川底の形や流れが変わっている。全体的に小石や砂で埋まり浅くなっていっている。当然、昔から台風や増水のたびに川の形は変わるものだけれど、ここまで浅い部分が増えたのは、今年から大滝ダムが本稼動を開始した影響だろうか。

DSC_0036.jpg DSC_0038.jpg

DSC_0039.jpg DSC_00321.jpg


 一人であっさり漕ぎ終えたので、そのあとは上流へあがって自分の知らない川の様子を探索。予想通り浅いとこばっかだし、新スポットになりそうなところもなかった。しかしちょろちょろ下ってみたくなる。同じように思う人がいればいってみよう。



回帰期間中。

 
 大きな出来事やしょうもない出来事で漕ぐことへの執着心がかなり薄れてきている。しかし毎年の盆繁忙もすんでひとまず午後から時間ができると、ほかになにも出来そうにないので川へ。

 原点回帰でナラヨシ。水位もべたべたの低さ。よく漕ぎ始めたのはこんな状態の時でも楽しかった。その頃を思い出してのソロリバーラン。五キロの道のりをとぼとぼ歩いて回送する。ジリジリ暑いが大阪のアスファルトの照り返しのせいでフライパンにほうり込まれたように感じる熱さはないのでさほどつらくもない。そして何も話さずひたすら歩くのは浅はかさな自分の存在意義や居場所を思い巡らせるのにはいい。

 阿田橋も新しくなった、カルディアもより安全そうなスロープが完成していた。
DSC_0031.jpg DSC_0032.jpg

 惜しむのは大滝ダムが本格稼動しだしてから、水がすっかり濁ってしまった事。夏場はもともとあまり綺麗な水ではないが、水温が下がる冬などはナラヨシといえど川底の石の色がうっすらわかるような透明度になるんだけど・・・今年の冬はどうでしょう。

 

プロフィール

mellow

Author:mellow

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター