FC2ブログ

ごっさ久しぶり。

 
 3ヶ月ぶりでしょうか、ナラヨシをまともに下るのは。
 ここしばらく夏枯れのナラヨシを通りすぎて北山への旅を繰り返しておりましたが、週末に突然の大雨でナラヨシの水位がかなり上昇して一時は天理教ウェーブまでも潰れるほどの水位に。
 
 僕はその翌日が休みで北山へ行く段取りで考えてたんですが、まだ雨が降るかもしれないとの予報に天理教ウェーブに乗れる可能性をみて急遽変更。当日は残念ながら明け方の雨も降らず天理教ウェーブは消滅した後でしたが、替わりにアヒルウェーブ水位に近付いてきていたのでH氏やYさん、Iさんtiさんとロングコースをリバーランしながらアヒルへ向かいました。

P8310831.jpg   P8310832.jpg


 五条の水位は1.74~1.60メートル。10キロ近く距離のあるロングコースをスターで下ることに少々不安でしたが、幸い足の痛みも酷くなく過ごせました。フィッティングは少し踵の抵抗を削ってそろそろ決まり。
 もう一つ、スターに乗り出してからまだ北山川の音乗~小松しか下った事がなかった事実に気がつき、北山以外ではどんな感じで下れるのかも初めての感触でしたが、これも問題なし。あえて言うなれば・・・慣れ親しんだポケロケよりローボリュームなのとスターンの短さ、ナラヨシのバリエーション豊かな瀬で挙動を把握するまで乗り込めてないのが判りました。北山川のショートコースしか下ってない艇で増水ナラヨシを下るのも新鮮でした。

P8310836.jpg   P8310838.jpg


続きを読む

スポンサーサイト



北山11回目。



 またまた北山です。
今年は色々な方に乗り合せてもらえて幸せです。去年は結構一人で向かってたなぁ。11回目(漕いだ日数は12日ですが)の北山川は、やっぱりというかいよいよかといった感じの雨スタート。去年のエントリーをみていても、8月後半から9月にかけては雨の日が多いように思います。

 車一台で向かい、誰もいなかったらムササビスポットでも仕方ないと考えながら道の駅おくとろへ到着すると、偶然帰り支度を終えられたUさんに出会い回送をしていただきました。おくとろから少し距離があるのに感謝です、ありがとうございました。

P8260811.jpg   P8260817.jpg

 雨も止み、厚い雲の中スタートです。
今日は半袖アッパーにクリマプレンの長袖をきていましたが、ちょっと濡れると肌寒い。夜からの雨だったのか滝のように流れ込みがたくさんあり、音乗もちょっとした迫力があり楽しめました。3段目ウェーブは急速成長中。乗り出しはなだらかに楽しいサーフィンでしたが、落差がなくなりバックウォッシュが直角に立ち始めました。落差やキープ力が弱くなったのでなかなか残れず、トップを取る所じゃなくなってきたのでひたすらフロントサーフィンの練習に。ブラントっぽい動きが出来たのは一回だけ、それも残れずに終了。

 ナイアガラも水が増えててよりストレートな感じに。いつもは頭まで水を被る落ち込みもなんだか首下くらいでずどーん。逆に杓子はウェーブがパワーアップ。結構な勢いで飛び跳ねて危うく沈するところでした。

 
 
 

続きを読む

ムササビスポット。


 春のスポットラッシュの反動か、7~8月のナラヨシは夏枯れモードが続いております。で、どうしても水があるだろう北山へ。
 今回もまたド平日だし出発時間も遅いし・・・しっぽりとムササビかなと考えてたんですが、なんのなんので現場につけば・・・やはり知った方々がおられました。一人じゃモチベーション維持がかなり困難ですが、4人もいれば問題なし。

P8200804.jpg   P8200803.jpg


 IさんOさんSさんといつものように乗り倒し。今日のムササビはちょっと暴れ控えめ、少な目の水量の時でしょうか。しばらく楽しくやっておりましたが、沈してホールアウトしたあとの水中で、新たな場所で岩に激突しました。かなりの衝撃で脳震盪みたいにしばらくふらふら、右肩はウェアこそ無事でしたが、擦れた場所から血が出でる始末・・・なんとか岸までたどり着き、しばらく川岸で休憩。

 いやはや、ココまでの衝撃で頭を打ったりしたことがしばらくなかったですわ。目の前に星がとんでましたね。。。


 

続きを読む

通ってます、キタヤマ。

 先週休止となっていた観光筏くだりも復活し、またいつもの北山川の様子にもどりました。しかも今日はお盆を見据えてか、運良く放流量大目の日。音乗でバコバコとバウを喰われることなくフロントサーフィンが楽しめました。

 現地でお会いしたへっぽこさんにブラントのやり方など教わりながらリバーラン。やはりヒントが得られないまま自分で模索する日々も、一言のアドバイスで感触が全くかわりました。ナニがあかんのか教わると、それに注意して後は練習あるのみです。夏のあいだにできるかなー。

P8110787.jpg   P8110793.jpg


 実は今日も七輪氏の車で運んでもらいました。一人でのんびり向かうのもいいのですが、やはり大勢で話しながらいくのは時間も短く感じて最高です。川では相変わらずのショートコース、音乗多目ではありましたがムササビでも変らずだったので、ちょっと書く事なくなってきた(´▽`;)
 今日の北山は、夕方から少し肌寒かったくらいでしょうか。ほんのちょっとずつですが、陽射しの強さがやわらいできたように感じました。まだまだ暑すぎますが、着実に夏も後半に向かってます。



雷雨の北山。

 平日の北山へ。いつもならムササビスポットとなるところですが、今回は徒歩回送で音乗~小松のリバーランです。
 土日など人の多いときはたまに見かける徒歩回送ですが、いったい何分かかるのか知りたかったので小松でストップウォッチを押して回送開始~音乗までの道を歩いたタイムは32分。道中猿か鹿の鳴き声や雨水溝に無数にいるトカゲやカナヘビ。ミツバチの巣箱っぽいドラム缶が道の傍に二箇所もありました。これらは車じゃ見つけられない発見。

 さすがに到着した頃には暑さでへとへと、音乗に置いていたスターも熱でグニョグニョ(笑)

ムービー_0001   ムービー_0002

 川ではいつも通りにて。
なかなかトップを取れない音乗ウェーブ、ブラントもいまいち出来ない感じでした。長い瀞場を越えたあとの右にまがる瀬、ここで外側の岩を渡すように木のガードレールが出来ていました。恐らく先週の筏事故の現場でしょうか。木のガードレールで岩と岩の間に筏が向かってもいなすように対策されていました。乗員が怪我をする被害がでてしまったことは残念ですが、更なる安全対策をうって再開してほしいものです。

ムービー_0003   ムービー_0004

 ムササビでもいつも通り。ブラントのようにトップから駆け下りるものの、上半身だけ雰囲気だして艇はただのスピンに。角度だすって、ほんと難しいです。出来るようになるんだろうか・・・

 そうこうしてるうちに、激しい雷雲が近付いてきてました。目の前が白くなるような稲光、そして豪雨。北山はひとけが少なく、天気が悪化するとなんともいえない不安感が沸いてきます。早々に退散しました。





筏なしの北山。


 日記のほうにも書きましたが、北山川の観光筏下りが無期限運休になりました。先日の事故後すぐに決定された模様で、すでに翌日北山川へ行こうと決めていた僕達も、ちょっと不安げに発進。まぁ土曜日でコマーシャルラフトもあるだろうし、15トン以上は出すんじゃないかと予想してました。万が一なければ小松から下の発電放水区間は変らず水を出すのでそっちでもいいかと。

 9時半に道の駅おくとろ到着。
さすがに駐車場に車や人の姿が少なく、平日のような感じでした。筏下りのお客さんを写した写真コーナーの写真もなく、ちょっと淋しげな感じです。しかし音乗に移動すると水はいつもどおり流れており一安心。音乗やムササビを十二分に堪能致しました。

P8020772.jpg   P8020771.jpg

 土曜なので上手いパドラーたちの乱舞も見れました。一方で僕のほうは艇を変えてもブラントまでまだ距離があります。身体の動かしかたを間違えているのかと思うんですが、いつもあと半回転がたりません。より速く走ろうとトップへ登ることに固執すると落とされることが多いし。今年中に出来るのか、見通し悪かったです。

P8020773.jpg   P8020777.jpg

 そしてデジカメのバッテリー部に浸水。著しく電力が持たず、この日の写真数点が限界でした。とりあえず故障はしてないようですが、また浸水が起こるようなら修理か買換えですねぇ。

 それにしても今年の北山は雨が少ない気がします。去年はもっと雨の中漕いだ覚えがあるんですけど・・・今日も晴々、帰りの道すがらににわか雨があっただけでした。




プロフィール

mellow

Author:mellow

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター