FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブル北山川その1。

 
 今年に入って三回目の北山川です。
前回、前々回と楽しく漕げた北山川なので、きっと行ったことない人でも楽しんでいただけると確信を持ち、普段は北近畿中心で漕がれている福知山カヌークラブ(FCC)の方をお誘いしてみました。

 北山はいつもの観光筏のダム放水。天気は晴れてとても気分がよい。朝五時半起きも苦になりません。メンバーはH氏、平友会会長こと骨董屋君、たかじぃさんをはじめFCCの方々が遠路はるばる来られて6人で小松までのショートコースをリバーランです。

P6300076.jpg   P6300079.jpg

 スタートしてすぐの音乗の瀬。三回目になるんですが緊張の一瞬です。いざ瀬に突入、僕の前回の記憶では雨水が流れ込んでいたのでかなり激しい瀬だったイメージですが、今回は日照り続きで放水量を少し絞っているのか少々穏かな感じでした。僕以外の方々は北山川はほぼ初めてなので、一段ずつエディをとりながら下りますが、さすがにみんな手馴れたもので笑顔で下ってきはります。

 三段を終えて音乗ウェーブで遊ぶ。
FCCの方々はホームゲレンデの一つに保津川の沈下橋や金岐ウェーブ、由良川の立岩などがあるのでプレイはお手の物なようです。僕は三度目にしてやっとウェーブに乗れた感がありましたが。

P6300084.jpg   P6300085.jpg

 曲がった瀬を越えてナイアガラ(上滝)。
僕は前回の音乗とここで右側にばかり沈をしたので、今回は乗艇姿勢を事前に確認。右肩が下がる癖を直してからスタートし、無事に降下。
 杓子の瀬を越えてムササビ。
北山川のショートコース、こうして書き上げてみると短いですね。もちろん瀬の間をつなぐ瀞場でも静水練習をやりながら下るので、かなり体力や筋力は衰えてきたところでムササビホールを迎えるんですけど。
 近畿パドラーが各地から集合するのも良く判ります。ウェーブの音乗、ホールのムササビ。静水の瀞場まで豊富。フリースタイラーの欲求を5キロ程度に濃縮された、パドリングアミューズメントな川です。

 




続きを読む

スポンサーサイト

美山川へ。

 ちょっとらしくなくハードに仕事をしたので、すごく久しぶりに漕ぎに来た感じです。ナラヨシは0.9台、保津は1.0と、奈良県五条と京都亀岡では雨の降り方が違ったようで、とりあえず水のある北を目指して亀岡市へ。ガレリア亀岡でkado氏と待ち合わせる。

 今日は二人で気楽なので、それなら水位がよさげで漕いだ事のない美山川にしようとさらに北へ向かいました。僕の車のナビは軽く十年以上前のシロモノなので、山間の落石なんかごろごろしてる旧道を伝いながら遠回りして美山川の堰堤に。知らなかった、1本南手にちゃんとショートカットできるトンネルが出来ていたのですね。
 現地までは骨董屋氏のメールにより無事に到着しました、ありがとう。川は笹濁りながら、清流を思わせる感じがバリバリ。エディなどなく川全体が流れ、増水してないと下れない川の感じもバリバリです。

P6270065.jpg   P6270066.jpg

 田歌の水位は0.75メートル。噂では上流の唐戸渓谷も下れる水位らしいですが、現地を知らないし万が一のレスキューツールもロープしか持ってない二人なので道の駅~堰堤までに設定しました。


 とうとうと流れていていい川です。
もう少し少ないほうが良いのか、点在するというはずのスポットらしい場所はなく、ワントライウェーブなどばかりでした。色々頑張るんだけどウェーブやホールの経験値が低いもんで、取り逃がしてばかりなんですよね。

続きを読む

空振りナラヨシ。

 13日の天気予報では、夕方から雨が降り14日は一日中雨でしょう・・・そんな予報にナラヨシに神社下ホールやアヒルウェーブが出来て楽しめるぞぅなどと考えておりました。自分にとっては半年以上本来の姿のナラヨシに漕げていなかったので、かなり期待していたんですが・・・

 すいません、雨、降ってないんですけど。

 五条の水位は0.89メートル、僕と同じく淡い期待に胸高鳴らせたkado氏、エイジェント初乗りというメンタル面でドーピングされたkome氏もトーンダウン。
 もうこのまま静水でもして帰りましょうかと天理教前で漕ぐ。プチホールは真ん中の岩で二つの流れになり、消失しかけている。これは去年の数値だと0.7くらいの渇水なのかも知れないです。

P6140058.jpg   P6140056.jpg


続きを読む

寝坊した!2

 先日の北山川、ムササビホールがとても面白かったので、スポット欲求が過熱しておりました。
 明日の休みは立岩へ行こう!と奮い立ち、明けて朝8時に目を覚ます。ベッドから起き上がる前に和知ダムテレホンサービスへ電話をかけて、放水量チェック。

「10時まで25トン、10時から13トン。」

 その放水量がどんなものか僕にはわからないのだけれど、まぁ30トン以下なら遊べるらしいなぁっと考えてながら・・・二度寝。。。


 気が付けば正午です。やってしまった。。。
立岩へは片道3時間。立岩は瀬の始まりにあるホールがメインスポットになり、沈してもたもたしてると下流へ落とされ担ぎ上げが待っている。ちょっと満足いくほど漕げなさそう。

 過去の立岩沈脱歴2回という経験も手伝って、あっさり立岩を諦めて保津川の沈下橋へ行き先変更しました。現地では2名のパドラーが練習中。
 亀岡水位は0.15メートル。静水練習に飽きたら乗りに行くプチウェーブのバックウォッシュがかなり弱い。


P6130052.jpg   P6130049.jpg



続きを読む

2度目の北山川。

 夜更けの大阪に激しい雷と雨、なんだか僕の家の近くで雷はなっているようで、ゴロゴロ・・・ドカーン!という大きな雷が2~3度どこかに落ちた。そのたびに駐車場に止めてある誰かの車が落雷の振動に反応し、ピーコーピーコー!と盗難防止アラームを鳴らしてる。深夜1時の出来事。

 夜は明けて今日は永遠のライバル、骨董屋新品堂と北山川へ行く約束をしていたのだが、体調不良などで彼はキャンセル。僕一人だから気ままに雨のナラヨシでもいいかと出発する。
 それにしても雨の予報はさっぱりで、日が射すなか車を走らせる。奈良県へ入っても雨雲もなく、タラタラとドライブして当初の予定通りの北山川まで来てしまった。

CA340054.jpg   CA340055.jpg

 音乗の駐車場に着いたのは11:30。10時くらいのダム放水に合わせてやってきたほとんどのパドラーは出艇済、一人でスポットなど出来ないかと入路を探すが見付からない。基本的に渓谷、道路から川ははるか下のほうなのです。

 入路がなくて困っている時、一人のパドラーが自転車を漕いで回送しておられ、それは偶然にもSWIMDOG氏、ナラヨシで何度か漕いだ事のある方だった。手間をかけていただきありがとうございます。



続きを読む

リハビリナラヨシ。

 5月中旬に手を負傷したH氏の傷が塞がってきたので、久しぶりのナラヨシへ。天気はどんより曇り空、五条の水位は0.91メートル。

 もう近畿圏の川は鮎釣りが始まりだしていて、今日のナラヨシもちらほらと鮎釣師の姿が見られた。水質は僕が体験した今年一番くらいの濁りが入っていたのですが、鮎釣りの人にも休みが日曜しかないし早く帰らないとカァチャン怒るし、仕方ないからナラヨシ行くか・・・って方がおられるようです。

P6030035.jpg   P6030037.jpg

 コースは芝崎~モンベル五条。
天理教前のチビホール、去年の五条水位0.9メートルくらいならしっかりと艇が捕捉されてサイドサーフィンくらい出来たんですが、数値の変化があった今年の0.91メートルではバックウォッシュもほとんどなくてガッチリ感に欠ける状態でした。
 ほどなくして、H氏が指を強打し大量出血させた水路の瀬にさしかかります。さすがに今日の低水位、以前僕の新品ヘルメットに深く傷を刻み、GAKI氏に脳震盪をおこさせた悪魔の岩は、その姿が水中に見て取れます。落ち込みのすぐ脇の嫌な場所にあります。



続きを読む

プロフィール

mellow

Author:mellow

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。