FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未知なるスポット。

 
 近畿でリバーランをせずにプレイできるスポット、ナラヨシなら神社下やアヒル、瀬田川の立木観音、由良川の立岩、保津川の金岐くらいでしょうか。今回はどこでもあらず。
 未知なるスポットへのチャレンジに僅かな期待と大きな不安を入り交じらせて大阪から熊野古道を南下する。W歌山市の繁華街を抜けると、そこはもう噂の未知なるスポット。
 
白く暴れるウォッシュがお出迎えです。川底に岩や突起物は一切なく、流れ込む水がかるい落差を経て溜まった水に流れ込む事で出来るウェーブホール。フェイスはなくバックウォッシュとシームはひたすら息を繰り返しています。


  がっちりと造り上げられた護岸に怯みながらもそのスポットを眺める5人。しかしいくつかのマイナス要因を打ち消す目の前の遊べそうなスポット。迷いの切れた順にプットイン。

 二段構えのウェーブ&ホール。
少々エントリーに手こずる上段のウェーブは落差なくボトムがぺたっと張り付いたままのサーフ可能。逆にウォッシュもほとんどないから動くと落ちます。そしてエディでだべってると知らずにエントリーしてしまう二段目のウェーブホール、乗ればあっと言う間にボトムに突き刺さるので大忙し。立岩25tウェーブに近い感じでした。

  



続きを読む

スポンサーサイト

超渇水長良川

 一年半ぶりの長良川。
今回も水無い・・・美濃水位は-0.73。瀞場でひたすらフォワード、瀬ではボトムを岩に擦りながらのリバーランでした。僕はいつもまが悪いのか、水が豊富な時の長良川を知らずにおります。やっぱり中部に雨が降ってるときはその前に近畿に雨が降り、近場でどこかしらスポットがあるパターンが多いのでそちらに行ってしまいます。

PA161014.jpg   PA161015.jpg

 三段やスケボー、ドカンなど名だたる瀬は小さかったです。しかし円空だけは小さい分エントリーしたくなる気分で。当然のごとくモミクチャ、上沈の嵐で一度入るとぐるんぐるん、太陽の光が上から下から、自分がどんな体勢かもわからないまま上上下下左右左右BAって感じで揉まれまくりました。僕の唯一の長良イメージはここで達成された感です。

 

続きを読む

ホタロー参拝。

 秋から春先までにかけて開く、某河川の水門。ホタローウェーブがまた発生したので参拝に出かけてきました。

 漕ぎ出した時は全くの水無しながら、すぐに降り出した激しい雷雨とともに水位上昇。なかなかいい状態で遊びました。

PA260105.jpg   PA260107.jpg

 今更ながらココでの遊びはスピンオンリー。しかもスロー。高低差と水深がほとんどない均一ウェーブなので、走りながらのスピンとか出来ません。でもウォッシュによっかかったり出来ないので、ボディバランス向上には勉強になります。

続きを読む

さらに長良川。

 今回は長良川です。
全国的に晴れ渡っている日が続き、雨水に頼るどこの川も水がない。日本の真ん中にあって近畿圏や関東圏からもパドラーがやってくる長良川も例外なく渇水なようです。

 今回の長良川、僕とkado氏の近畿南部組は、二人とも長良川は初体験。日本の大動脈こと名神高速大工事渋滞や集合場所がわからないなどで迷惑をかけてはいけないと考えて、前夜入りしてのんびり集合時間を待つ計画で出発しました。
 ところが・・・僕も仕事は夜8時までやってるし、kado氏の帰宅も10時ごろという時間からの活動で、出発したのは夜11時すぎ。
 西名阪も僕らと同じような考えで名神高速を迂回する大型トラックでごった返していました。それでも・・・深夜だというのに11キロとか渋滞している名神は使わなくて正解だったかも・・・なんて話しながら走っていると、行きすぎた(爆)。長良を越え、木曽川も越え・・・このまま浜名湖でうなぎパイを食べながら静水練習して帰ろうかとか。。。疲労と眠気でおかしい二人が正気を取り戻したのは名古屋市を越えるか否かの地点。おまけに手元にある地図は「全国リバーマップ55」のみ、おバカな。
 そんなこんなで美並のインターチェンジを降りた頃には午前3時。ちょうど四時間かかってしまいました。道の駅で車中泊となりましたが、これがまたキツイ。寝床がフラットでない事もあるんでしょうが、ドタドタバタバタブロロロ~と外の音が絶え間なく聞こえほとんど寝付けずの二人。延べ二時間くらいの睡眠で集合時間。

 熱血青年のどごし君を筆頭に、かずさんうずさんのジャクソン夫妻、かずさん夫妻のお友達Sガさんとお友達、平友会掲示板で何度もやり取りしてながらお会いするのは初めてのMAMEDAさん夫妻、信楽の根性T氏。平日だというのに10名ものパドラーが集まりました。

P5240003.jpg   P5240010.jpg

 コースはコンクリート塀~ザンゲの瀬まで、ロングコースで挑みます。7名の方は渇水である事からぼちぼち行きましょうといった落ち着きかたなんですが、僕やkado氏とT氏は初めて下るので、どんな瀬が待ち受けているのかとドキドキです。

続きを読む

ロングでハードな日置川。

 ナラヨシの水に濡れたウェアとポケロケを持って、日置川の中~下流域へ行ってきました。
今日は西日本なんでもすっとばす会の日置川ツアーに参加です。僕が夜中に向平キャンプ場に到着すると、すでに宴会が終わりかけておりました。僕もナラヨシで散々くたびれてからたどり着いたので、ほとんど挨拶だけで即就寝。

 夜が明け、市鹿野から向平までのダウンリバー、晴れて暑いくらいの日差しのなか出艇。肝心の言いだしっぺ、ウラジ隊長は赤ちゃんの世話があり本日の川下りはやめて明日に下るそうで…澄み渡る日置川の水面を見つめ半泣きになりながらお見送り。

CA340024.jpg   CA340025.jpg

 今日の日置川は雨がないのでかなり浅く、市鹿野の出艇ポイントはざら瀬からお出迎えです。瀞場は鏡面のように穏か、新緑に彩られる山間に流れる清流は、いつ来てもひと漕ぎひと漕ぎに水に触れ合う感触がして楽しくなります。


続きを読む

初物続きで有田川。

 世の中ゴールデンウィーク、僕はブロンズ?アルミニウムくらいか、ただの単日の休みです。天気は快晴、暑いです。今日は夜勤明けのやっき氏と、有田川・・・金屋の水位は0.58メートル。通常有田川といえば0.8メートルくらいの水位がないと誰も行きたがらない川ですが・・・僕は初めて下るので、まぁ下れるんなら良いだろうと行って来ました。

 コースは一般的な川口から出て、一般的なゴールの松原橋をくぐりさらに一キロほど、石垣公民館まで。瀞場は増えるけど、国道沿いでなくトイレ付き公共駐車場に車が止められました。

P4300891.jpg   P4300896.jpg

 運動音痴の僕も、さすがに先月から龍神、保津と初めて下る川が続いているので、初級パドラーの登竜門ともいえる有田川にさして緊張もせずにスタートです。



続きを読む

ばたばたの末に。

 昨夜に遅く帰宅し用意を何もせず寝てしまったので、朝からギアをばたばた用意しホタローへ出発しました。事前準備のない時の僕は必ず忘れ物をします。過去最大は、ホタローに行くときにパドルと艇しか持って行かず、H氏に色々借りて漕いだくらいです。今日のホタロー水位はベスト0.26メートル。天気は曇っていて、気温は12度くらいかな。今年最も一緒に漕いでいる同伴オブ・ザ・イヤーのかど氏、前回から無理やりポケロケッツに入れられたGAKI氏、そして沈のイリュージョニスト、七色の沈をする男こと骨氏。実際彼が沈脱する様は久しく見ておりませんが、初心忘るるべからず、今後も記しておく事に(笑)

 今日は忘れ物なし!とチェックして出発したものの、デジカメのバッテリーだけ忘れるというヒネリの効いたすっぱい忘れ物。今回はいい感じのウェーブ動画が撮れず骨氏の画像のみで。さしずめ僕は七色の忘れ物をする男でしょうか。


CA280194.jpg  CA280195.jpg


続きを読む

ポケロケオーナーズミーティング。

 ホタローでございます。

 昨日のナラヨシは激サム(決してTRFのSAMのように激しく踊ると言う意味ではないですよ)、うって変わって今日は小春日和もいいところ。さらに開けた和歌山の景色がオススメの、さんさんと陽の光が降り注ぐホタローウェーブ。水位は0.12、一段とスイートウェーブでパドルナシもOKだ。

 今日はH氏と僕、さらに3人目のポケレンジャー、GAKIさんが登場した。月曜日にひっそりとポケロケなのに技が出来ない集団「ポケロケッツ」に加入させられたGAKIさんの心中はいかがなものか知らないが、今日も粛々と簡単ウェーブで回りまくるのです。


 しかし、幸先いい気分とは裏腹に、事件は起こってしまいました。
平日の渋滞ポイントをさけつつホタローへ向かう途中へ向かうその時、いつもと違う道を選ぼうとナビゲーション画面をふと見た時に・・・



ge.jpg


 !!!

 「げ・めしや」でたー!


 なんという負のオーラ。「げ」ですよ、「げ」
間違いなくこの食堂は恐ろしい魚や猛獣珍獣などの料理がうごめいているイメージだ。普段からお腹の弱い僕なんかが行くとどえらい事になりそうだ。
 よく似たところに「ザ・めしや」があるけれど、ひょっとして同系列なんだろうか。普通の人には「ザ・めしや」で、怪しげだが一流の食材を専門にグルメの舌を唸らせる高級料理店が「げ・めしや」なのかも知れない。

 急遽道を替え、その食堂を一目見てやろうと車をぶっ飛ばしたわけですが・・・跡形も無く新地となり、とてもきれいなパーキングになっておりました(涙)。


 そうして新たな都市伝説はマボロシに消えた。そんなホタローへ向かう道。これからもめげずに通りたいと思います。

 (レポ終わっとるやん)

続きを読む

ホタロー魂。

 二週間にわたる強烈な風邪症状があけて、リハビリを兼ねてホタローへ集合。H氏、かど氏の今年よく集まる3人だ。天気は晴々、僕だけドライトップを着ていたら汗だく。

 水位は0.14、巷で噂のウェーブは緩やかなV曲線を描き、甘く甘くおバカなパドラー3人を迎えてくれた。

 僕は病気前病気後とホタロー三昧。
さすがにちょっと食傷気味であるけれど、1週間近く床に伏せっていた身体にはそれでもまだキツイくらいだった。ナラヨシなら再病院送りになっていたかもー。

 

続きを読む

ホタローご開門!

 暑い夏の陽射しの中を漕いでいたいたのも少し前。秋になって雑誌やテレビも秋の紅葉を特集しだした。
 そして秋といえば・・・そう、待ちわびていたホタローがやってくる。我々へなちょこパドラーの親友、妖怪ホタローに再び会いに行くべく、ポケロケッツ集合。

 さてさて一足早く現地入りした僕は、霧雨降る中の噂のホタローウェーブはベスト水位、ナラヨシでやられまくっていた左スピンを超簡単ウェーブのホタローでやりまくるのだ!で、早速用意しようと車内を見渡す。。。

 「あれ・・・ポケロケとホタロー用パドルしか持って来てないや!」

 ギア類をほとんど忘れる大失態。へこみまくりでポケイエローH氏に借りることにした。昨夜からデジカメの三脚がどこかへ行った事ばかり気にしていてから・・・情けない。

 H氏に借りたウェアや車中に積みっぱなしだったドライ機能のないドライジャケットなどで一応の装備は無事揃ったので漕ぎ出し。水位計は0.16。

PA010462.jpg PA010463.jpg

続きを読む

伊賀川でも身を削る。

 今日は木津川の上流部、伊賀川へ行ってきました。
いつもギアから何から世話になっている、大阪府は二色浜のカヌーショップバイエルンツアーに参加だ。

 天気は晴れ、水位は・・・わからないけど少ない状態、総勢十名でダウンリバー。水質は木津川と同じくらいで褐色の水で、目を開けてロールする人には目薬が必要だという噂(笑)。

CA280144.jpg CA280145.jpg

続きを読む

プロフィール

mellow

Author:mellow

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。