FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有田川。

 
 久しぶりに有田。
今年は鮎のヤナ漁がないので秋からも下り放題な状態でしたが、やっぱりついつい行ってなかった。いい水位から減ること一週間、金屋0.79メートルでのんびりリバーラン。

 デジカメも忘れちゃったしターゲットはギターでもラーメンでもなく明恵峡のみ、久々にちゃんと下ってみたのでした。

CA3B0019.jpg


 
スポンサーサイト

桜咲くアリダ。


 僕はあまり行ってないけれど、大阪から近いのにかなり綺麗な水とテクニカルな明恵峡という瀬があって人気の有田川。国道沿いなどの桜も咲き出しているなど春の兆しはあるけれど、気温はちょと低めでした。

 H氏やボーさんたち、平日組6名でのリバーランです。
有田慣れするほどの回数を漕ぎ下ってないのとやっぱり岩が多目の川なので、出艇時には緊張します。今日の水位は金屋0.84メートル、中々いいほうの水位。

P3261409.jpg   P3261412.jpg

 一発目の落ち込みがタイトに右に曲がってる。初めて下った時に内側に沈して岩で耳を打ち付けて以来、どうにも最初から苦手。でも今日の水位ではスルリと抜けることが出来ました。

 緊張の一つ目を無事に越えたので、いささか安心。快調にリバーラン開始です。


続きを読む

パワフル&テクニカル、明恵峡。

 去年一度行ったきり、なかなか渇水や鮎時期などで漕いでなかった和歌山の有田川。

今回はナラヨシが微妙に少なくスポットがない水位だったのと、ホール目当てに訪れた日高川の椿山ダム放水が18トンと多すぎたこと。それで越方から半時間ほどで移動できる有田川をリバーランしてきました。金屋の水位は0.78メートル。

P4020387.jpg     P4020388.jpg

 久しぶりきた有田川、水は春の濁りがあるのにそれを感じさせない透明度、クリークではないものの、瀬のたびに絡み合う岩々がまさに山間部を流れる川といった感じです。

 程よくチカラのある本流がそのまま大岩に当たっていたりして、瀬の中で左右にベストラインを切替えてくだらないといけない有田川のリバーラン、流水技術を磨くにはナラヨシよりも良い川ですね。僕はココ最近めっきりそんな川を下っていなかったので、初めの二つほどの瀬は下りながらコースを替える事が出来ずにドコドコと岩にぶち当たりながら。しかも過去超渇水の時に底をすりながら一度だけ下ったことしかないので、一発目以外の瀬やコースなど覚えていませんでしたので、一緒だった3人の中で一番ドキドキだったかも。実際、そうたいそうでもない瀬の中で普通に沈してしまいました。

 何度も下っている方によれば、このくらいの水位(金屋0.78)がちょっと難しいらしいです。逆に少し増えると少し下りやすくなるとか。これ以下だとだんだん浅瀬が目立ち、漕ぎにくいらしいですね。

 

続きを読む

プロフィール

mellow

Author:mellow

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。